サーバを Amazon LightSail へ移行

結局、データ量やアクセスが極めて小規模なのに、EC2およびロードバランサー(ALB)を使うのはちょっとコストがかかりすぎる(月35USDくらい)ということで、Amazon LightSail でサーバを立てました。

一番小規模な月3.5USDのプラン(最初の1ヶ月無料)にしましたが、値段はつまり1/10くらいですね。個人HPくらいだったら、これで十分ではないかと思います。まあ、これまでのは勉強代と自分に言い聞かせています。

サイトの複製には、Duplicator というプラグインを使いました。簡単に複製できて便利です。ただMysqlのデータベースやパスワードは把握しておく必要があります。wp-config.phpがhtdocsディレクトリ内にあると移行できないので、FTPソフトで、名称を変更しておくか削除しておく必要があります。
またインストールで問題が起きないようターミナルソフトでのhtdocsディレクトリの一時的な権限変更もしておいたほうがよいかもしれません。LightSailの場合クリックひとつでターミナルがブラウザ上に出てくるので便利です。

Route53で元のドメインのレコードに新しいIPを紐付けられるのかがちょっと不安だったのですが、とりあえずは問題なく紐付けられたようです。

Route53コンソールでの変更

あと、もう一つ不安だったのが、SSLです。しかし、AWS Lighgsail には Bitnami HTTPS Configuration Tool (bncert tool)が入っているようで、こちらは思ったより簡単にできました。以下が参考になりました。

・AWS Lightsail でWordPress を簡単に常時SSL化

https://blog.tsukashu.net/lightsail-ssl-bncert-tool/

・bitnami redmineにSSL証明書(Let’s Encrypt)を導入する

https://qiita.com/kooohei/items/c4ac40f4bbf366cc0e31

2020/8/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。