原生林をぶらぶら

用事があって姫路の実家に戻っていたので、車で1時間半ほどの岡山県西粟倉村に行ってみた。牧大介さんの「ローカルベンチャー」という本を読んで面白そうだなと思ったからだ。

岡山県西粟倉村
アマゴも泳いでいた 今度は釣りにいきたい

緊急事態宣言開けということもあって道の駅や温泉などは賑わっていたが、北部にある若杉原生林という森は人けもなくひっそりしていた。ハイカーが2人いたが入れ替わりで下山していった。

美しい人工林の奥に原生林がある(駐車場から人工林側を見てる)
美しいスギ林の奥にある若杉原生林

特に何の目的もなく峠まで歩いていたのだが、他に誰もいなくてすごく気持ちよかった。意外と一人で原生林をぶらぶらすることは少なかったかもしれない。だが、何か大きな動物が少し遠くでバサバサ茂みから出てきたのは怖かった(カモシカ?)。

きびだんごやぶどう、米を買い、ひとりで天気の良い原生林を歩いて温泉でのんびりする。なかなか素晴らしい休日だ。これから姫路の実家を掃除しに帰りがてら、近くにある良い感じの村をぶらぶらするのが趣味になりそうだ。時間もないので、釣りなのかハイキングなのか目的をはっきりしたほうがいいかもしれない。

岡山といえばぶどうだが、私が子供の頃よりずっと甘く、皮も薄い。最近は大きいのに種もなく食べやすくなった

2021/10/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。